短時間でできる手軽な美容法はたくさんあります

目の下のたるみが年齢とともに気になり始める人が多くなります。

美容外科や皮膚科で目の下のたるみを取ろう

短時間でできる手軽な美容法はたくさんあります 目の下のたるみが年齢とともに気になり始める人が多くなります。目元のたるみの原因で一番多いのは、目も周りの筋肉が衰えて、目の下に脂肪がたまり、皮膚が下がってしまうことです。脂肪の膨らみが、影になり、クマのように見えてしまいます。血行不良のクマと違い、睡眠をたくさんとってもなくなりません。

目の下に溜まった脂肪は、疲れた印象になります。年齢とともに脂肪が増えていき、より膨らみが目立ってきます。ファンデーションやコンシーラーなどではうまく隠すことが出来ない場合は、美容外科や美容皮膚科で、脂肪を取り除く手術をすることが出来ます。まぶたの裏側をレーザーで焼き、脂肪を除去します。脂肪が取れることで膨らみがなくなります。

しかし、手術の後には数日間腫れが目立ってしまいます。手術費用も全額自己負担なので、20万円くらいかかります。手術をすることに抵抗がある人は、脂肪を取り除くのではなく、ヒアルロン酸を注入し、膨らみを目立たなくする方法もあります。膨らみのところにヒアルロン酸を注入することで、凹凸がなくなり、ハリのある目元になります。しかし、ヒアルロン酸は、半年くらい経つと吸収されるため効果がなくなっていきます。